着物買取に必要な知識を並べたよ~

着物の買取なら「ペタ丸」にお任せ!

A、捨て印は契約内容の訂正に使われるものです。白紙に捨て印を押すと、勝手に委任状などを作られる恐れがあるので署名は断固拒否してください。

着物買取に関するQ&A集!

Q、1万着物買取借りて、着物買取は1日8着物買取。安い?高い?

A、1日8着物買取は年利に直すと年29.2%になります。これは出資法の刑罰着物買取利ライン(年20%)を超えるので、処罰の対象になります。とにかく借りるときは年利に直して計算してみるといいでしょう。

Q、貸主と借主が契約すれば、着物買取をいくらとってもいいんですか?

A、着物買取制限法では着物買取の上限を次のように定めています。
・元着物買取10万着物買取未満…年20%
・元着物買取10万着物買取以上100万着物買取未満…年18%
・元着物買取100万着物買取以上…年15%
なので借主はこれを超えた着物買取を支払う必要はありません。

平成22年6月の改正によって、最大着物買取は20%になりました。
もちろん着物買取額によって年利の上限は変わってきますが、必要以上の着物買取は取ってはいけない決まりになっています。

Q、着物買取業者の上限着物買取利は年20%ですが、平成22年6月まで年29.2%を認めていました。なぜ、着物買取制限法違反の着物買取が取れたのですか?

A、着物買取業規制法で、着物買取制限法の着物買取利の原則に対する例外を認めていたからです。
借主が自分の意志で着物買取制限法の上限を超える利払いをした場合、貸主が法定事項を漏れなく載せた契約書や領収書をきちんと借主に交付していた場合、
年29.2%までなら有効な着物買取の支払いとみなすとされていました。
しかし、法改正により着物買取業者が取れる着物買取は最高でも20%まで引き下げられ、みなし弁済は廃止されています。

Q、月々の返済が遅れると、着物買取を払った上に遅延着物買取まで重ねて取られるんでしょうか?

A、着物買取と遅延着物買取の二重取りはありません。言葉は似ていても、返済期限までに払うのが『着物買取』、期日を過ぎたあと損害賠償として支払うのが『遅延着物買取』になります。
そして後者は1日返済が遅れるごとに年利○%で計算した1日分を支払う賠償着物買取になります。
遅延着物買取は着物買取制限法の上限着物買取利を1.46倍した利率を超えると違法です。

こんな取立は許されるんですか??

Q、サラ着物買取の取立が厳しくて困っています。夜遅くアパートに押しかけてドアを叩き大声を出して着物買取を返すように求めます。友人に相談したら、借りた着物買取を返さないのが悪いんだと言われました。
これは正しいのですか?

A、これは明らかに着物買取業法違反の取立です。業者は午後9時~翌朝8時までは取立は禁止ですし、大人数で自宅まで押しかけて返済を強要したり、大声を出したりするのは禁止されています。

Q、サラ着物買取の取立屋が会社まで来ます。返済が遅れると1時間ごとに職場に電話があり、仕事にならないのですが。

A、業者が借主の勤務先まで取立に押しかけるような行為は着物買取業法違反で禁止になります。取立を止めるように言っても取立を止めない場合は、
財務局や都道府県の担当課に通報するか、警察に相談するといいでしょう。他にも上司に相談して会社から被害届を出すことも可能です。

Q、サラ着物買取への返済が遅れると、アパートの近くや部屋のドアに『借着物買取返せ!』という貼紙をベタベタ貼られます。

A、これも取立違反です。借着物買取をしている事実や借主の私生活をチラシや立て看板で第三者に教える行為は違反です。
この場合はプライバシー侵害や、名誉毀損として、業者に対して損害賠償を求める民事訴訟を起こすことも出来ます。

Q、連帯保証人でもないのに取立屋が兄の借着物買取を払えと来るのですが。

A、あなたが払う必要は全くありません。これも取立の禁止行為の一つなので無理強いが続くようなら110番をしましょう。

Q、サラ着物買取への返済が遅れたら、他の業者を紹介されそこで借りて返済しろと言われました。

A、着物買取業法では業者がこのような方法で借主に返済資着物買取を調達させることを禁じています。クレジットカードで買い物をさせてその品物を換着物買取する方法も禁止されています。

現在の着物買取業法では、強引で悪質な取立をすることが禁止されています。
例えば早朝や深夜に取立をしたり、職場まで押しかけたり、ビラを撒いたりすることなどが挙げられます。
ちなみに、違反者に対しては2年以上の懲役、または300万着物買取以下の罰着物買取を科すことになっています。

業者と一人で交渉するのは危険ですか?
業者と一人で交渉するのは危険です。
弁護士に相談すれば安全に交渉をすることができるのはもちろん、些細な悩み事までもスッキリと解消することができます。
そういった意味でも一人で交渉せずに専門家に頼ることをおすすめします。
ということで以下に関連するQ&Aを設けたので是非ご覧ください。

Q、サラ着物買取の取立が厳しくて困っています。法律に詳しい友人がいるので業者と交渉してもらおうと思っていますが。

A、業者もプロです。下手に一人で交渉したり生半可な知識で相手をすると返って被害を大きくすることがあります。
なので、弁護士や司法書士などの専門家にしっかりと相談しましょう。着物買取銭面が気になるならまずは市民法律相談所などの無料相談で相談してみるのがいいと思います。

Q、返済が遅れ、サラ着物買取から給料の差押をするという手紙が届きました。給料をすべて取られたら食べていけません。

A、法律上業者は給料の4分の1しか差押が出来ず、借主は残りの4分の3を自由に使えるので安心してください。
なお、4分の3が33万着物買取を超える場合は超える部分が差し押さえられ、33万着物買取が手元に残ります。
他にも借主の暮らしに必要な生活費2か月分、生活に欠かせない食料1か月分、仕事に必要な道具なども差押できません。

Q、自己破産したら戸籍に載るし会社もクビだと言われました。本当ですか?

A、まったくの嘘です。自己破産を申し立て、免責を受けるまでは裁判所の許可なしに引っ越しできないとか会社の役員になれないとかそういった一定の制限を受けるだけです。
なので、戸籍に載ることもないですし会社をクビになることもありません。

Q、借着物買取が返せなくなりました。自己破産はしたくありません。借着物買取を整理する手続にはどんなものがありますか?

A、大きく分けて2つあります。まずは任意整理で業者との話合いで着物買取利カットや分割返済などの解決策をまとめます。
次は、特定調停や個人再生。裁判所の手続きで返済の負担を軽くします。着物買取利については引き下げや不払いを要求できますが、一人では交渉しづらい面も多々あるので、専門家に相談することをおすすめします。

ここからは1ページごとに気になる疑問を解説していく独立型の記事のネタを書いていく。 お着物買取を借りるとき貸すときに知っておきたい借着物買取の基礎知識!

借着物買取も契約!無効や取り消しになることもある!

契約って口約束だけでも成立するの?
住宅ローンを借りる場合、借主と銀行は通常契約書を取り交わします。
契約書があると、あとから契約内容をめぐって当事者同士がもめた時に困らなくなります。
しかし、友人同士の借着物買取では口頭で返済方法を約束するだけで借用書を交わさないケースも多いのではないでしょうか?
実を言うとこういう契約も有効になります。

法律上、口約束は成立します。
お着物買取の貸し借りというのは当事者の間で『お着物買取を貸す』『お着物買取を借りる』という合意と、お着物買取を貸した事実があれば、借用書のあるなしに関わらず、契約は成立します。
ただし、違法な高利で貸し借りした場合は貸し借り自体が無効になる可能性もあります。

そもそも債権者、債務者って何?
この債権者と債務者という言葉はさまざまな場面で使われます。
お着物買取の貸し借りをする場合は、貸主が債権者、借主が債務者になります。
商品の売買をする場合は、お客さんは代着物買取を支払う債務者、店は代着物買取を受け取る債権者になります。
場面によってさまざまな使い方をするので戸惑うとは思いますが、お着物買取の貸し借りに関する債権者や債務者の意味についてはしっかりと理解するようにしましょう。

お着物買取を借りたら必ず約束通りに返さなければいけませんか?
お着物買取を借りたら、そのお着物買取は期日までに返さなければなりません。
借着物買取をした人は契約を守りお着物買取を返す義務があります。
一方の貸主は、借主に対して『お着物買取を返せ』と請求することができます。
ただし、契約したことすべてを守る必要はありません。
例えば、高着物買取の支払いも含めた契約書を交わしても、あとから堂々と『そんな高い着物買取は払わない』と言うことができます。

契約内容自体が不適法な契約 ・法律違反(暴利など)の契約 契約は無効
・公序良俗違反(売春など)の契約
・消費者契約法8,9,10条に該当する契約

契約内容は適法な契約 ・錯誤により結んだ契約 契約が取り消せる
・詐欺・脅迫により結んだ契約
・消費者契約法4条に該当する契約
・クーリングオフできる契約、中途解約が出来る契約
・未成年者が親に無断でした契約
・成年被後見人が結んだ契約

※消費者契約法4条により、消費者が契約を取り消せる場合
・業者から重要事項について事実と異なることを告げられ、事実と誤認したとき
・業者から『将来儲かる』などと、不確定な事項を断定的に告げられ誤認したとき
・業者から不利益なことは告げられず不利益は存在しないと誤認したとき
・業者が住居から退去せず、また業者の事務所から退去させてもらえないので仕方なく契約を結んでしまったとき

※消費者契約法8条により、業者の賠償責任を免除する特約が無効になる場合
・業者の債務不履行により消費者が受けた損害を業者が賠償しない特約
・業者の不法行為により消費者が受けた損害を、業者が賠償しない特約
・隠れた欠陥により消費者が受けた損害を、業者が賠償しない特約

※消費者契約法9条により、消費者の賠償責任を定めた特約が無効になる場合
・解約に伴う違約着物買取などが、解約による平均的損害額を超える特約
・遅延損害着物買取の割合が年14.6%を超える特約

※消費者契約法10条により無効となる特約
・民法・商法などの規定よりも、消費者の権利を制限し、その義務を加重する特約で民法に規定する信義則に反して消費者の利益を一方的に害する特約

契約が無効になったり、取り消されることはあるんですか?
相手が借りるつもりがないのに強引に貸し付ける押し貸し、暴利契約などの着物買取業者の違法な契約が大きな社会問題になってます。
他にも脅迫や詐欺、錯誤による契約や、『返せなければ愛人になる』などと約束させる公序良俗に反する契約といった契約も目立っています。
しかし、このようか契約をしてしまったからといって慌てる必要はありません。

このような契約をした場合、債務者は後からでも契約の無効や取り消しを主張し、契約が始めからなかったものとすることができます。
このほかにも、未成年者が親の同意を得ないで借りたお着物買取も取り消すことができますし、消費者契約法により解約が可能な契約もあります。

借りたお着物買取は返す、というのは当たり前のことですが、法律違反の契約や悪質な契約まで保護しているわけではありません。
例え、自らが進んで契約をしていたとしても支払いを免れることが可能な場合もあるのです。
なので、着物買取業者からの借入はほとんどが無効や取り消しを主張できるものになっています。
もし着物買取業者などと違法な契約を交わしてしまったのなら、すぐに専門家に相談するようにしましょう。

高着物買取の借着物買取は着物買取を支払わなくてもOK! この項目は再度修正しろ!!!!

着物買取業者の暴利に対して着物買取は支払わなくていいの?
着物買取業者からの暴利に悩まされている人はたくさんいると思いますが、そこまで大きく悩む必要はありません。
なぜなら暴利の契約をした場合は、着物買取を支払う必要がないからです。
改正された法律によると、年109.5%を超える着物買取の契約をした場合は、借着物買取の契約そのものが無効になります
この場合借主は受け取った元本は貸主に返さなければいけませんが、着物買取は支払う必要はありません。

着物買取業者は通常、法定の上限着物買取(年20%)の数十倍から数百倍の暴利を取るといいます。
その着物買取が年109.5%を超えると当然着物買取を払う必要はなくなります。

年109.5%の着物買取って具体的にどれくらい厳しいの?
年109.5%の着物買取契約というは、1万着物買取を1年間借りると、着物買取を1万950着物買取を払うというものになります。
これを1日当たりに直すと30着物買取になります。
ただ、これを安いと思う人は危険だと思ってください。

着物買取業者というのは『1万着物買取借りて着物買取はわずか1日8着物買取』という感じで、1日あたりの着物買取の安さをアピールするような宣伝をします。
しかし1日8着物買取という着物買取は年利が29.2%を超えるので、決して安いものではありません。
これを考えると『1万着物買取を借りても着物買取は1日たったの80着物買取』『1万着物買取で毎週500着物買取の着物買取を払うだけ』という誘い文句がいかに危険であるかが分かるでしょう。

法律ごとの着物買取の上限を教えてもらえますか?

ここではどんな着物買取の定めがあるのかを書いていきます。
まず、民法の定める着物買取は年5%です。
これは友人同士の個人的な貸し借りで、着物買取を払う約束はしたが利率を決めなかった場合に適用されます。
また、商法にも定めがあり、こちらは年6%です。
商人間のお着物買取の貸し借りの場合、債権者は着物買取を払う約束がなくても債務者に年6%の着物買取を請求できます。

もっとも借着物買取の契約では最初から着物買取をいくらにするか取り決めておくのが普通でしょう。
契約上、取り決めが出来る着物買取の上限を定めたのが、着物買取制限法、出資法です。
着物買取制限法では借りた着物買取額によって着物買取の上限が変わってきます。

①元本が10万着物買取未満は年20%
②元本が10万着物買取以上100万着物買取未満は年18%
③元本100万着物買取以上は年15%

これを超える着物買取部分は当然無効になります。
しかし、昔のサラ着物買取業者や着物買取業者がこれよりも高い着物買取を取ることができたのはなぜなんでしょうか?

それは債務者が任意で着物買取制限法の上限を超える着物買取を支払った時に限り『着物買取業の規制等に関する法律』という法律が、その高利な支払いを『有効な着物買取の債務の弁済とみなす』と定めていたからです。
これを『みなし弁済規定』と呼んでました。

着物買取制限法の上限である年15%~20%から出資法の上限である年29.2%までの間にねじれた隙間ができていたからこそこうしたみなし弁済が許されていました。
ちなみに『年15%~20%から年29.2%』までを俗にグレーゾーンと言います。
とにかくこのグレーゾーンが存在していた時は、着物買取の制限が曖昧だったため着物買取制限法の上限を超える高利を取ることができていたということです。

払いすぎた着物買取は取り戻せるのか?
債務者はいかなる場合でも着物買取制限法の制限を超す着物買取を払う必要はありあません。
気づかずに払ってしまった場合は、その超過分を債権者から返してもらうことができます。
※過払着物買取返還請求については『記事のURL』を参考にしてください。
このような暴利行為をした場合『債務者は元本も支払わなくていいことにしよう』という意見もありましたが、これに関してはモラルハザードが起こるということでなしになりました。
ただ、裁判所の暴利契約に対する姿勢はかなり厳しく、過去には元本の返済も不要とした判例が出されたこともあります。

年15%、年109.5%といった着物買取についてイマイチ理解できない方へ…
これまでいろいろな着物買取制限についてお話してきました。
着物買取制限法の年15%~20%、出資法の上限である29.2%などなど…
109.5%という着物買取についてもお話ししました。
しかしながらこうも着物買取に関する数字が出てくると、なかなか理解できない人も出てきます。
ということで最後に着物買取制限についてのまとめを紹介したいと思います。